FC2ブログ

明日はこっちだ!

生きていく方向性を探すブログ

さくら

そら


今日は夏至だそうです。
一年で一番長い昼を味わう事が出来るとの事。
その空を撮ってみようと携帯を取り出したのですが、逆光には弱いよーですなぁ。
順光にはある程度の写りをするのですけどね・・・

空を見上げた構図が多いので、これはちょっと残念です。
電柱マニアとしてはすこし痛いなぁ。



最近、ラジオやコンビニなどで

♪さくら さくら 会いたいよ  いやだ君に 今すぐ会いたいよ


という歌を聞く事があり、ちょいと気になったので調べてみました。
高野健一の『さくら』という曲らしいですね。

さくら さくら
高野健一 (2007/05/23)
日本クラウン

この商品の詳細を見る



へー、と思ってたら

西加奈子著『さくら』(小学館刊)という小説からインスパイアされた高野健一が、自身の中に残った”悲しくはあるが何か温かいモノ”を歌で誰かに伝えたいとの想いから誕生したこの曲。



との事。西加奈子の『さくら』は以前読んだのであります。


そう思って歌詞を見ながら聴いてみました。

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=53345




なるへそ。
たしかにインスパイアされた感じがします。
ただ、コレはあくまでインスパイアであり、西加奈子の『さくら』とはちょっと違う感があるので、映像化した時に主題歌としては残念な所もあるですね。


本を読んだ後にこれを聴くと、歌詞としてサビの部分以外はいらないような気もするです。

歌詞中のさくらの立場が一なのか、薫なのか、ミキなのか、さくらなのかまぜこぜな感じがしてしまうので。
まぁあくまでインスパイアなので、これはこれで良いのでしょうけど・・・


西加奈子の『さくら』の感想ですが、リリー・フランキーの『東京タワー』とか西原理恵子の『ぼくんち』と通じるモノがある感じでした。

僕(薫)の視点はあくまで淡々としており、その周りで起きる出来事や状況を戸惑う事があっても、全て受け入れて生活するという点では上記2つと似てると思うです。
その中で家族の事を少しずつ知って行くというのも似てるかなぁ。


一の「打たれへん」の声を聴いて、薫が成長する瞬間に家族全員がそれぞれ同じ方向を向いて成長する所が見所だと思うのですが、どうでしょう?



そう思うと、高野健一の『さくら』には割と表面的なインスパイアしかされてないかな、という感じがしてしまうのでありました。
俺個人の思いであり、もちろん良い曲だというのも分かるのですが俺はサビの所だけで良かったなぁ。


さくら さくら
西 加奈子 (2005/02)
小学館

この商品の詳細を見る
  1. 2007/06/22(金) 14:57:20|
  2. 音楽とか。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今度はゴーセンのにしよっと | ホーム | そっかぁ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://momosada.blog55.fc2.com/tb.php/518-303dd6d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UNIQLO CALENDAR

ブログ検索

プロフィール

ホラフキン

Author:ホラフキン
秋田にいる。

2008年目標は『将来に向けて基盤を作る。』

人生の視界が悪く、視野が狭い。
想像力が豊か過ぎて妄想がち。
人生ホワイトアウト状態。

座右の銘
・耳食はいけません。

趣味
・自分探しの旅にでたり
・音楽聞いたり
・落書きしたり
・バイク乗ったり
・ウクレレ弾いたり
・ソフトテニスをしたり
・写真撮ったり

欲しいモノはお金と愛。

バイブルは猫十字社の『ちいさなお茶会』

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する