明日はこっちだ!

生きていく方向性を探すブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出会いとか別れとか。

最近、テニス関係の人の出入りの多さやら、結婚やら職場を変えるなどでの友人関係の出入りが多く、ふとこんな記事を思い出す。

http://www.narinari.com/Nd/20090611735.html

・「友人の半分は7年間で入れ替わる」600人の交友関係調査で明らかに。


ひとえに“友人関係”と言っても、学校や職場で日常生活をともにする間柄や、異なる環境になっても連絡を取り合う仲間など、その距離感はさまざま。中にはちょっとした行き違いや、会う機会が減ることによって、疎遠になっていく場合もあるだろう。長い人生、そうしたことを繰り返しながら、さまざまな人間関係が築かれていくものだ。そんな“友人関係”についてオランダのある研究者は、くっついたり、離れたりする動きや変化に着目。対象者600人の交友関係について調べたところ、7年間で半数の友人が入れ替わっていることが明らかになった。

この研究を行ったのは、オランダ人社会学者のジェラルド・モレンホースト氏。同氏は、人が知り合うときにどのようにして社会的関係を築いていくのか、どうやって“友人関係”が築かれ、そのつながりが広がっていくのかを検証した。

対象は18~65歳の男女1007人で、「重要な個人的な問題について、誰と話しますか」「どこでその人と知り合いましたか」など、人間関係に関する複数の質問を実施。7年後に同じ対象者に再びアンケートを行い、604人から回答を得られた。

その結果、“友人関係”の広がりは、膨らんだり縮んだりしながらほぼ一定の広がりで保たれるものの、7年間でそれぞれの友人の半数が入れ替わっていることが分かった。また友人、知人に会う頻度が自分の人間関係に強く影響し、“友人関係”の構築は自身の意思だけではなく、すでにいる友人によって関係が広がっていくことも明らかになったという。

米スポーツサイト「MMAWEEKLY.com」では、この研究結果の賛否を問うページが開設され、「賛成」票を投じた人の中からは「確かにそんな気がする。年々友達は減っていくが、増えはしない」「いろいろ要因はあると思うが、友人が引っ越すか家庭を持ち始めるかで疎遠になる場合が多い」などのコメントが寄せられている。

刻々と変化する環境の中で、長く関係が続いている友人がいるとすれば、それは幸運なことなのかもしれない。






俺の場合は仕事柄などでも出入りは多いとは思いますが、確かに7年で見ると半分以上が違うかも。
旅をしている時に、一期一会を強く感じ、別れを惜しんでも仕方無い事を思っていました。
別れを惜しむよりも、次の場所での出会いに期待した方が絶対に楽しいからです。


正直、あの時の旅の経験がなければ


「どうしてこんなに別れがあるのだろーなぁ。」


ネガな方に考えていたかも。
出会いがあれば別れはセットでして、同じ数なのは当たり前なのですけどね。

次はどんな人が来るかな?楽しみ楽しみ。
  1. 2009/09/01(火) 13:07:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<同じ感じの記事が続きますな。 | ホーム | つかれた・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://momosada.blog55.fc2.com/tb.php/1205-0e7485b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UNIQLO CALENDAR

ブログ検索

プロフィール

ホラフキン

Author:ホラフキン
秋田にいる。

2008年目標は『将来に向けて基盤を作る。』

人生の視界が悪く、視野が狭い。
想像力が豊か過ぎて妄想がち。
人生ホワイトアウト状態。

座右の銘
・耳食はいけません。

趣味
・自分探しの旅にでたり
・音楽聞いたり
・落書きしたり
・バイク乗ったり
・ウクレレ弾いたり
・ソフトテニスをしたり
・写真撮ったり

欲しいモノはお金と愛。

バイブルは猫十字社の『ちいさなお茶会』

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。